量販店で防寒グッズを物色です

今年は冬もバイクに乗ることになりそうです。初日の出を観に行こうとお友達に誘われていたり、職場の方々と初詣ツーリングにも誘われています。当然ながら冬のライディングは凄~く寒~いです(苦笑)。なので、11月の今のうちから防寒グッズをそろえることにしました。

グリップヒーターは装備済みなのですが、これだけでは冬が快適とはいえません。手のひらが温かくても手の甲に腕、体、脚、頭だって寒いんです。全身を満遍なく防寒できてようやく、快適な冬のライディングとなるのです。

休日に防寒グッズに詳しい同僚と一緒に量販店を訪れました。防寒コーナーにはたっくさんの商品が並んでいます。一人では何が効果的なのか悩んでしまうことでしょう。でもそこは長年、春夏秋冬選ばずにバイクに乗ってきたベテラン女性ライダーだけはある同僚です。「これは無駄」「あぁ、こんなの気休めだよっ」と、辛口コメントで防寒アイテムを滅多切りしていきました。頼もしいのはありがたいのですが、声を小さくしないと店員さんに聞こえちゃうよ~(苦笑)。

大量の防寒アイテムを購入

でも同僚の辛口商品選びのお陰で失敗しない防寒アイテムを購入できました。ちょっと買い込みすぎて予定の倍近い金額となってしまいましたけれども(笑)。

購入したものは、ダウンベストにネックウォーマー、ハンドルカバー、レインブーツカバーの4点。ダウンベストはジャケットの下に着ることで優れた保温効果を発揮してくれるとのことです。ネックウォーマーはヘルメットとジャケットの間を隙間無く防寒。ハンドルカバーは見た目こそ野暮ったくなってしまいますが、グリップヒーターと併用することでコタツのような空間になるんだそうです。暖かそう! レインブーツカバーは通常雨の日用ですが、防風効果が高いことから防寒にも役立つんだそうです。確かにレインスーツも寒い日に着込みますものね。

量販店で購入したのは4点ですが、これ以外にもスポーツショップで防寒グッズを購入しました。スキーパンツです。これは多くの通勤ライダーさんが愛用しているらしく、脚の防寒にはこれに勝るものは無いほどとか!

購入後の通勤でこれらアイテムをフル装備して走ってみましたが、結果は汗をかくほどの暖かさ、いえ暑さでした(笑)。これならば1月2月といったキンキンに冷えた冬でも快適に走れそうです。