ひたすらに北へと走ってみる

仕事終わりにナイトランをするとなると、大抵は都内方面が多いです。都内の夜景、好きなんです。都内の道は苦手ですが、夜の首都高を流すのは難しくないので夜景を時々視界に入れながら走るのは気持ちが良いです。

北の方は、夜走ることはこれまで一度もありませんでした。日中のツーリングで走るには好きですし、CB400SFに乗っていた頃はよく栃木や長野に群馬へと走りに出かけたものです。でも、夜は真っ暗なイメージがありまして、要は怖いんです(苦笑)。

でも、高速を走る分には暗がりを怖がることはありません。ということでたまには北方面を走ってみるのも面白いかと思いまして、昨日は仕事終わりに国道122号線から東北道に乗り、ひたすらに北へと走ってみたのでした。

9月。まだまだ夏と変わらぬ暑さの残る夜かと思っていましたが、北に進むほどどんどん寒くなります。そんなこともあろうかと、秋用のジャケットを着込んでいました。メッシュジャケットでは寒くて駄目だったでしょう。

夜の那須高原に到着

佐野サービスエリアでひと休憩。思いのほか人がいました。次の日は土日ということもあり、金曜の仕事終わりに遠くに向けて出発したという人たちかも知れません。残念ながら、バイクでそのようなことを考えている人はいなかったのか、駐輪場にはワタシのNC700Sが1台停まっているだけでした。

サービスエリアを後にし、また北へと走りました。途中、北関東道に移って常磐道へと進み、千葉から埼玉へと帰ろうかとも考えましたが、悩むうちに通り過ぎてしまいました。この際なので、この間女子ツーリングで訪れた那須高原まで行ってしまうことにしました。

那須インターで東北道から降り、静まり返った観光地をしばし走って公園らしき場所で停まりました。

ワタシはNC700Sから降り、持参しハーブティーの入った水筒をヘルメットボックスから取り出しました。近くのベンチに座り、職場で作ってきたハーブティーはまだ熱が残っていました。夏でもホットを飲むのがワタシは好きなんです。お腹が弱いものですから(苦笑)。

時間は深夜1時過ぎです。これから帰ることを考えると、遠くまで走りすぎてしまったと後悔しました。でも、見上げた星空が地元で見るよりも断然綺麗でしたので、良しとしました。