女子ツーで栃木県は那須高原へ

先日、職場の女子ツーリング部初の本格ツーリングを行いました。埼玉県から栃木県は那須高原へ。日帰りでしたが、十分に走れましたし観光もできました。企画したワタシも一安心です。

行きは下道でした。みなさん住んでいる場所がばらばらなので、集合場所は栃木県の道の駅しもつけ。そこから国道4号線を北上し、しばらくしたら県道へ。のどかな田舎道を走ってやがて林道があらわれました。この道、昔よく走った気持の良い道ですが、今も相変わらずクルマが少なく良い道でした。

那須高原では車が多くて多少渋滞に嵌りましたが、那須牛が頂けるお食事処は空いていて助かりました。食事後は軽く高原エリアを走り、再び観光エリアへと戻りカフェで一休み。周辺のお店でお土産を買いました。

帰りは東北道を利用しました。佐野サービスエリアを集合場所として自由に走行。ワタシはよっぽどのんびり走ってしまったのでしょうね、到着は一番最後でした。

サービスエリアでしばし談笑し、その場で解散。ワタシはみんなを見送り、家が近い同僚と一緒に帰宅しました。

中古バイク買取

非日常から日常へ…

職場のみなさんと遠くまで走ったのは今回が初です。思っていた以上に新鮮な1日となりました。休日にちょこっとランチで会う程度のツーリングはまだ日常感が強かったのですが、今回のツーリングはワタシはもちろん、みなさんも非日常でした。

「あぁ、こういう一面があったんだなぁ」と感じることが何度もありました。恐らくみなさんもワタシに対してそう感じられたことと思います。中々渋滞している道に出られなかったので、ワタシが路上に出てトロトロと走るクルマに道を譲ってもらうという動作を見た後輩は「カッコイイ~!」なんて褒めちぎっていました(苦笑)。ワタシとしてはクルマに申し訳ながらもみんなを道に出そうとした結果なのですが、後輩にはワイルドに映ったようです(汗)。そういうところが、ワタシの意外な一面と感じられたことでしょう。

とても楽しいツーリングでした。でも、1つだけ辛いことがありまして、それは家に着いたときです。非日常から日常に戻る瞬間というのが、ワタシは苦手なんです。上手く切り替えることができなく、落ち込んでしまう時もあり、今回はそんな時でした。もっと一緒に走りたいなぁとか、もっと遠くに行きたいなぁと思ってしまうんです。

眠って次の爽やかな朝が訪れればスッキリするのですが、夜はちょっぴり感傷的になっていました(苦笑)。ワタシの悪いところです。