NC700Sとワタシの非日常

私がバイクに乗りたいと思うようになった切欠は、周りの影響というものではありませんでした。なにしろ、私の周りではバイクどころかクルマを好きな方もほとんどいませんでしたから。切欠は、バイクというよりも、旅に出たいという欲求でした。

あれは大学2年の時です。私はもう2年と時には就職先が決まってしまい、後は無事大学を卒業するだけという状況にいました。大学に通い、週末には時々就職先にアルバイトに行きました。大学生活は楽しかったですし、就職先での仕事も刺激的でした。でも、今の時期にしかできないことを、特別なことを何かしたい! という思いを感じていました。

自分が何をしてみたいかを考えて思い至ったのは、旅をしてみたいというものでした。学校に仕事といった日常から離れ、非日常的な世界を感じられる旅をしてみたかったのです。

思い返してみると、私が小学生低学年の頃は両親によくキャンプに連れて行ってもらったものです。確か埼玉県は秩父か長瀞だったかと思います。荒川沿いの川原でテントを張って家族でアウトドア料理をして、弟とあたりを散策して迷子になったり…… ちょっと怖かったけど凄く刺激的な思い出です。そんな非日常的な刺激を、また味わいたかったのです。

再び非日常をバイクで味わいたかった

キャンプに行きたい! 旅に行きたい! と思うものの、当時私はクルマの免許を持っていませんでした。クルマは怖くてワタシには扱える自信が無かったんです(汗)。でもそれでは電車での旅? バス? 歩き? 自転車? 結局は自分で運転する乗り物が無い限り、キャンプや旅は難しいのでは? となってしまいました。

そこでふと頭に浮かんだのが、バイクの存在でした。生まれて約20年、恐らく頭にバイクが浮かんだのはその時が初めてだったかと思います。

ワタシは臆病な性格が強いのですが、興味を持ってしまったら猪突猛進なところがあります。親にも友だちにも相談無しに、教習所を訪ねて入校してしまいました。

ワタシは身長が165cm。小柄な女性という感じではありません。腕は細くて筋力は少ないですが、根性でバイクの引き起こしはクリア(笑)。教習車は足がしっかりと地面に付いたので困難はそれほどなく無事免許を取得できました。

そうして購入したのはCB400SF。教習車と同じでした。このバイクに乗って、ワタシは大学卒業までにたくさんの非日常を味わうことができました。